ネモフィラ祭り(4階南)【山愛】

 

先日の休みの日に、家族で大阪舞洲シーサイドパークに行ってきました。


現在、大阪まいしまシーサイドパークではネモフィラ祭りが開催されており、当日は快晴で🌞たくさんのネモフィラの花をを見ることが出来ました。

 
また、ネモフィラの中にはネモフィラ祭り公式キャラクターの「ネモにゃん」が
6匹隠れており、それを探すのに夢中になりとても楽しかったです。


園内から見える景色もとても良く、いいリフレッシュが出来ました。
ネモフィラ祭りは4月8日(金)~5月8日(日)まで開催されているので
よければ行ってみてください!(^^)

 


 

新たな挑戦🎸(2階北)【山愛】

コロナ禍でまん延防止や緊急事態宣言が出る少し前、偶然入ったリサイクルショップで、偶然出会ったウクレレ🎸を即買いしました。

今までピアノやエレクトーンをしてきましたが、弦楽器は初めてで50の手習いと思い練習し始めました。

昔から道具から始めるタイプで(笑) ウクレレ用ベルトを2本購入し、本を4冊も購入してしまいました。

数年前に海外ドラマの中で流れていた「オーバー・ザ・レインボー(虹のかなたに)」のハワイアンバージョンを聴き、ウクレレで弾けたらな~と思い、現在自己流で猛特訓中です(笑)

いつか行事等で利用者様の前で演奏できればいいなぁと思いつつ日々練習中です!

 

 


 

春らんまん♪(5階南)【山愛】

4月になり新年度の始まりですね。
入学や入社など新しい生活がスタートする季節です。
約5年半、この5階南フロアでお世話になりましたが、今年度から別のフロアへ異動することになりました。
新しいフロアで一からスタートです。

 

最後に利用者さんと「桜公園」に散歩に行きました🌸
コロナ禍ですが、施設の裏にある桜公園に利用者さんと一緒に満開の桜を見に行ってきました!

 

残念ながら曇り空で今日は少し寒く、外に出た瞬間「寒いなー!」と声が上がりましたが満開の桜を見て「きれいやなぁ・・・」と皆さん笑顔です😄

 

 

久しぶりの外の空気で季節を感じてもらえたり、自然な春の花を見てもらえたり少しは喜んでもらえたでしょうか😊?

 

 

5階南から見える桜公園。素敵な桜が一望できます。

 

 

お家に買った啓翁桜も満開で癒やされます。

 

5階南フロアの皆さん、お世話になり本当にありがとうございました。

 


 

 

花 見【第一博愛】

今回のブログは、今年のお花見の様子を紹介します。

 

新型コロナウイルスも終息の出口は未だ見えず、ロシア・ウクライナ情勢も悪く、嫌なニュースばかりが耳に入ってきます。

 

私自身はプロ野球が好きで、シーズンも始まりテレビで野球観戦していますが大好きな阪神タイガースは、負け試合ばかりで早く連勝して欲しいです。

 

 

今年の花見も昨年に引き続き、コロナ対策でビアンのグラウンドでの花見となりました。

 

外に出ていただける機会は減っていますが、ポカポカと暖かい日差しの中、桜の下で飲料とお菓子を食べていただきました。

 

 

皆さん『花より団子』の言葉のように、『桜よりお菓子』といった様子でしたが、それぞれ桜の下で楽しまれたと感じます。

 

来年のお花見は公園で出来るように、コロナが終息してくれることを願います。

 

 


 

本日の昼食はしおちゃんこ鍋!【栄養士・厨房】

近日、温かい日が続き季節は確実に前に進み、もうすぐ春🌸がやってきます。

けれども、ご利用者様は温かい食べ物が大好き!

そこで2月25、26日の昼食にしおちゃんこ鍋を提供しました。

 

普通・きざみ食の方の献立

 

ソフト食の方の献立

 

ムース食の方の献立

 

提供風景 大きな鍋いっぱいの具材

 

盛り付けも大忙し‼        

 

 

 

お食事風景

 

毎日のお食事を楽しみにしていただいている利用者様にメリハリのあるお食事を!との思いで企画したしおちゃんこ鍋🍲

おかわりする方もたくさんおられ好評でした。

お鍋はあっさりとしているのでご年配の方にはグッド👍?!

次回も利用者様の喜んでいる顔が見られるように、新たなる企画を考えていきたい栄養士Mでした。

 


 

あの時、君は若かった♪【第一博愛】

福祉の世界もAIやIoT技術を活用する時代が、すでに来ていることは否定しない。

 

ただ、コンピューターの活用やロボットの導入だけでは解決できない特殊性に、目を向けなければならないことも明白です。

 

それは、多様な「ひと」と接し、その「こころ」に触れることで、計算や方程式では解らない「本人の考えや気持」にたどり着くための支援者としての感性とスキルを磨き続けなければならない世界だからです。

 

その両方を大切に考えるスタッフの育成が、利用者さんの笑顔と施設の未来に直結するのは間違いないのですが…

 

そのための「指導」ではなく「考えさせる」コーチング理論の勉強と実践は、目下共通の課題です。

 

やっとここで、タイトルとリンクする懐かしぃぃぃ写真(もちろんデータなどなく、写ルンです!?)をご紹介

 

 

オレンジの人は、学生時代バレーボール部!!だったPCの達人で、ワイルドだぜ~だけど日本人!?

 

この頃より、確実に筋力や体力はガタ落ちしているが、アップデートした知識とトライ&エラーも含めた経験は、人を並べる「組織作り」より、ビアンの様々な部署で働いている「ひとづくり」において千思万考しながらも、努力してくれている盟友でありライバル!

 

 


 

行事以外にも工夫してます‼【第一博愛】

東北出身の私でも寒いと感じるくらい今年の冬は風がつめたかったです。

 

いよいよ暦も3月になり暖かくなって欲しいと願う日々です。

 

コロナ禍で外出の機会が少ない利用者さんが少しでも気分転換できるように、

色々な工夫をしています。(考え中…)

 

毎月、何かしら行事、イベントのある日本! 

 

12月のクリスマス会では、リースやツリーの飾りつけを作りました。

 

元旦は、手作りの鳥居で初詣

 

2月のバレンタインでは、チョコのお菓子が出てきたり、

 

3月のひなまつりに合わせ、今はひな人形の制作真っ最中‼

 

行事がない時は、インターネットで各国のイベント、行事を調べて、利用者さんに楽しんでもらえそうなものを探し、1か月かけて制作、飾り付けを行っています。

利用者さんの中には、毎月何を作るのか楽しみにしている方もおられます。  

 

玄関前のショーケースも季節の物を入れたり、作品を入れたり、支援員のセンスが試されます。 (キラリッ)

ただいま玄関は、利用者さんに日々の日程がわかるようにカレンダーを掲示しています。(なるほど!!)

 

2月はこんな感じです。

 

全体も色が鮮やかなので目立ちます!!

3月はどんなカレンダーになるのか楽しみです。(わくわく‼)


 

お花で気持ちを晴れやかに(ケアマネ・相談員室)【山愛】

今年度も残り少なくなり、先日来年度の行事予定を各フロア主任と決定いたしました。

 

秋に行っていたおまつりを来年度は、梅雨の鬱陶しい気持ちを吹き飛ばす意味で、6月頃に開催することにいたしました。

 

今年のテーマは『お花』🌺です。

 

少しでも、気持ちを晴れやかにしてもらえるように、介護課長や介護職員総括主任が開催に向けて今からお花作りに勤しんでいます。

 

色々なお花が当日出迎えてくれると思いますので、まだ先ではありますが、お楽しみにしてください。

 

色とりどりのバラがきれいです。

 

立派なバラが咲きました。

 

 

6月と言えば、アジサイですね。

 

何になるかはお楽しみ。

 


 

おやつににゅうめん(3階北)【山愛】

 

普段は甘い物が多いおやつレクリエーションですが、今回は少しあっさりしたものをとの事で、温かいにゅうめんにしました。

 

 

ラーメンやスパゲッティなど、皆さん麺類を好まれる傾向にあり、たいへん喜ばれておりました!(*^-^*)

 

 

 

今年度のおやつレクリエーションも残り1回となり、来年度の計画を立て始めました。

 

皆さんに喜んでいただけるよう、担当が様々なアイデアをひねり出して準備しています。(^^)

 


 

KEEP SMILE! STAY POSITIVE!【第一博愛】

その屈託のない笑顔と底抜けの明るさに惹かれて、CURLING TEAM Loco SolareのHPにアクセスしてみると、真っ先に飛び込んできたワードにも心をつかまれた。

 

有名選手やトップチームなら尚更で、押しつぶされそうな雰囲気の中、汗と涙が似合う苦しさに耐える表情が当たり前だった体育会系スポーツとは異質な光景が…

 

 

そこには、悲壮感のかけらも感じさせないスポーツシーンが映し出され、見たことのない表情のトップアスリートたちが北京オリンピックの舞台で躍動していた。

 

ショットが成功してもしなくても、チーム名から来る太陽(ソラーレ)のような明るさと笑顔で声をかけ合い次に挑む姿に、つい応援したくなる人も多いのでは!

 

 

女子カーリング「チーム青森」の一員としてトリノ五輪、バンクーバー五輪に出場した、ロコ・ソラーレの設立者でもある本橋麻里さん(ロコ・ソラーレ代表理事)へのインタビュー記事

 

🎤―なるほど。先ほど「楽しんで」という言葉もありましたが、それこそ本橋さんが出場したトリノやバンクーバーでは「楽しんできます」と発言すると怒られるといった状況もありました。

 

本橋:ありましたね。国を代表して派遣されているのに笑うなとか、けっこういろいろなことを言われました。でも時間が経って多様性の時代となり、選手の自発性に重きを置いてくれるようになりましたし、選手の声にメディアもファンも耳を傾けてくれるようになりました。その過程で私だけでなく多くの選手が批判されても「楽しんできます」と言い続けて、結果を出して、意図的に変化させた部分もあると思います。そういうふうにスポーツ文化が日本でも定着、進化してくれるといいと思っています。

 

※playには「遊ぶ、楽しむ」と言う意味も含まれていて、スポーツをプレイすることは、本来、老若男女が楽しむべきものでなければならないと30年以上も前から話していた平尾さん、あなたが望んでいたスポーツの本質を捉えた文化が北海道の地からも声を上げていますよ!

 

🎤―ロコ・ソラーレを立ち上げた当時も、批判されたことがあったとか。

 

本橋:ある大会で敗退して、でも相手のチームが本当に上手で、こっちも練習してきたものを出したけれど、届かなかった。現在地と課題も得たけれど……という前置きを省略して、「負けてしまったけれど楽しかったです」と発言したら、怒られましたね。それは私の表現力や伝え方が乏しかった部分もあるので反省していますが、試合に関しては楽しめないと勝てないとも思っているので、そこを曲げずに“ロコ・ソラーレらしさ”を貫いていることに一切の後悔はありません。

 

🎤―楽しんで勝つ。揚げ足を取るようで恐縮ですが、そうなるとその「楽しさ」を盾にストイックな努力をせずに、「楽しかったからいいや」あるいは「厳しいトレーニングは楽しくないからやらない」という選手が出てきてしまう弊害もある気がします。

 

本橋:そうかもしれません。でも一流のアスリートは、試合で楽しむためには普段から、時には楽しくない厳しいトレーニングをしないといけないと知っています。逆に言えば試合の楽しさを知っているから、厳しいトレーニングに耐えられる。結局、カーリングだけではなくどんな競技も、世界大会やオリンピックに向かい、さらにそこで表彰台に立つのはストイックな人間ばかりです。そのスポーツをどこまで愛せるか。突き詰めることができるか。そのためにそれぞれの内側にある感情を自身で絞り出せる選手が最後まで残ると私は思っています。

 

そんなロコ・ソラーレのメンバーを見て、ふと思った。

 

ソフトやハードがなくても、予算や人員が足りなくても、コロナ過でも、支援キャリアの浅いスタッフでも、

私たちが利用者さんへ、今すぐにできるSDGsなことではないだろうか。

 

KEEP SMILE STAY POSITIVE! and 利用者さんへのTALK or TOUCH

 

 

P.S. この文章を書いている時点で、1次リーグ4勝3敗の日本は、準決勝進出(上位4チーム)へ微妙な順位だ。

けれど、きっと彼女たちのことだ。勝っても負けても、涙が光る輝くような笑顔で検討をたたえ合うのだろう。

Fight! Be Loco Solare.